ブログ

HOME » ブログ » 不動産を素早く売る!不動産買取専門の業者を選び方

不動産を素早く売る!不動産買取専門の業者を選び方

今住んでいる住宅をいずれは売却しようと思っていても、売りたい時期に売れるものじゃない。不動産の売却って、売りに出してから結構時間が掛かるものです。そんな時に「買取専門の業者」のことを教えてもらいました。不動産売却を考え中のみなさんへの今後のためにも、「買取専門の業者」について紹介しましょう。

不動産業者の「仲介」と「買取」は、何が違う

不動産を売りたいと思っている方の立場から話をすすめていきますので、興味のない方もしばらくお付き合いください。きっと「売りたくなったり」「買いたくなったり」するかもしれませんよ。

早く売却したい理由とは

それぞれに理由があると思いますが、考えられることとしては借金の滞納や買換え、マイホームの売却によって3000万円の特別控除を受けたいなどでしょうか。また時には売却依頼を受けた「仲介業者」などが、「買取保証」をちらつかせてきたために、早期売却を検討することもあります。

この「買取保証」とは、一定の期間中に売却を保証するもので、売却できない見返りとして、買取金額から税金や必要経費を割り引いてもらうことです。損はない話ですよね。時間に余裕があれば「それもあり」かと思えます。

不動産業者の仲介の役割

家や土地を売る場合には、通常は「仲介業者」を選びます。おそらくは、ほとんどの人がそう思っているのかもしれません。

では「仲介業者」は、どのような役割でしょうか。不動産の売却の申し込みを受けて、その物件を売り出すために広告を出したり、その業者の売り方により、その業者の営業先や人脈に頼ったりと独特な販売戦略を行ったりします。

業者は売れれば仲介手数料が入るわけですから、売るための努力は惜しまないはずですが、それでも売れないことだってあるのです。そのような時には、思い切って値段を下げることも必要になることもあります。

不動産業者の買取専門の役割

買取専門の業者とは、不動産の買取を申し込むと直接買取をしてくれます。買取を行う方法としては、依頼があった自宅などへ直接出向き査定をします。ほとんどの場合は、なんなく売れるようですが、山奥や交通の手段がないなど、へき地にある物件などは、断られる場合があるかもしれません。

とは言え、心配するより先に査定してもらうことが大事です。売却を急いでいる場合や期日が限られている場合には、便利な業者であるように思えます。しかしながら、すぐに買い取ってもらうことはありがたいのですが、自分が思うような金額は期待できないようです。

買取専門の商売の方法として、早く買い取って売却を完了させるための利点を、相場より下げることで利益に転じているようなので、値段の交渉には慎重さが求められます。

不動産買取業者を信頼できるのか

買取業者は、相場よりも安く買い取るのが常識? と捉えた方がよいでしょう。それを見越した交渉を考えることも売る側の交渉戦略といえます。
買取業者の商売のスタイルとは、どうなっているか。売りにくい不動産を、あえて購入するのだから、売り方にも方法があるはずです。ちょっと、気になりますよね。専門家の購入した不動産を売りやすくする方法を、参考までに頭に入れておきたいものです。

不動産買取業者の販売戦略

購入した不動産を転売するためには、利益を上乗せする必要があります。そのために買取価格が安くなっているのだと思いましょう。そして、その販売方法とは

①「リフォームを行っての売却」
②「物件を取り壊して新築にして売却」
③「管理物件として所有する」

の3つとなります。リフォームや新築の場合は、付加価値を付けることや新築としての魅力によって売却効率を高めようとしているのですね。参考にしたいのはやまやまですが、個人でその方法を行うには、資金的にも無理を強いられることになるので考えものです。売却する方法としては、すごく妥当な方法でしょう。自分だって「新築で過ごせるならば」と思ってしまいますから。

不動産買取業者を利用するメリット

仲介手数料がかからないことや、短期間の売却が可能なので先の見通しが立てやすくなります。売りたいと思う客にとっては、切羽詰まったこと情があるのですから、それがネックになっています。

また、中古の住宅には「瑕疵担保責任の免除」を受けることは、後々のトラブルを避けるための魅力となっています。住宅ローン特約などで停止条件付契約を結んでいる場合などでは、住宅ローンの白紙解除が認められています。

瑕疵担保責任の免除と放棄

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)は、後々の破損や被害の発見に対応した責任のことです。瑕疵担保責任には、一戸建ての売買契約時に個人の場合は、1か月から3か月の間となり、不動産業者であれば通常2年が設定されています。そして10年で責任は消滅します。

多くの中古物件の売買では、建て替えを考えての購入となるために「瑕疵担保責任の免除」をする場合が多いのです。しかし、絶対ではないので必ず、重要なポイントはチェックして売却することをおすすめします。

次に瑕疵担保責任の放棄についてですが、売主は建物が20年以上の古い建物を売る場合や、購入する側が中古物件として了承している場合に、放棄が認められています。この場合「売主」が瑕疵担保責任の放棄を広告や商談の場で、告知する義務があるので注意が必要です。また、それによって価値が下がる場合もあるので、「諸刃の剣」といった感じでしょう。どうしても必要とする場合には、個人でも加入することができる瑕疵担保責任の保険も用意されているので安心です。

マンションの場合の瑕疵担保責任とは、排水管や「共有部分」(廊下やエントランス、ゴミ置き場など)も売主の責任になります。目に見える損壊などは特に注意して説明する義務があるので、瑕疵担保責任以外にも気を配る必要があります。

買取専門の業者を利用する目安

「仲介業者」を利用する場合には、不動産の存在するエリア、まわりの相場などや売主の意向に応じた売却価格が設定されるのですが、買取専門の業者を利用する場合はどうなるのでしょう。

一般的に売却価格の相場からすると、買取価格の目安としては、7割から8割ぐらいで取引されるようです。つまり、「仲介業者」によって売ろうと考えていた価格の「8割ぐらい」を基本とすれば、8割価格ならば「売り」を考えて、7割ぐらいの価格ならば交渉の余地ありと判断してはいかがでしょうか。

任意売却したい業者

住宅ローンの支払いなど債務におわれている場合に「任意売却」をしなければいけない場合もあります。そのような場合には、任意売却専門の業者を利用することです。競売にかけられると売主の不利になりかねないので、注意したいところですね。

決済条件を明確にしてくれる業者

決済条件を売主に合わせることで、1か月以内の決済によって、所有権の移転などがすみやかに行われて、売主にとっても安心できる売却になっています。

不動産投資の観点から考えた場合には、時期とタイミングは非常に重要です。買い替えるつもりならば、できるだけ高く売却する「仲介業者」を頼ることになり、時期やタイミングを重視してすばやい不動産投資の先を見据えるならば「買取業者」を利用することも考えなければならないでしょう。

コメントを残す

*

あなたの売りたい物件を無料で査定します